Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 SandyBridge i726自作PCのBIOSカスタマイズの内容をメモします。

■i726自作PC
 SandyBridge i7-26004搭載の自作PCです。
q945 CPU: Intel Core i7-2600K 3.4/3.8 GHz
Mother: ASUS P8Z68-M Pro
Memory: PC3-12800 (DDR3-1600)
BIOS: UEFI BIOS
HDD(C): 1x SSD (SATA3.0)
HDD(D): 2x HDD (SATA2.0/RAID0)

i726のハードウェア詳細は 「i726自作PC組込み」を参照

■UEFI BIOS
 2.2TB以上のHDDをサポートします。
 自作PCでは初めてのGUIのBIOSになります。
 bios
■Advance Mode
 OSのインストール前にAdvanced ModeでPCの構成に合わせて以下の項目をカスタマイズします。
項目 設定値
備考
SATA Configuration SATA Mode= [RAID Mode]
SATA6G_1 ADATA S511 60GB
   Hot Plug= [Enabled]
[RAID Mode]: RAID構成が存在する場合は必須
Boot Boot Option Priorities
   Boot Option #1= ADATA SSD S511
   Boot Option #2= P6 Pioneer BDR-206

■Ai Tweaker
 オーバークロックの設定を行います。
設定内容は 「i7-2600Kオーバークロック」を参照

■結果
 構成にあわせて設定のカスタマイズを実行しました。
 オーバークロックはAI-SuiteⅡのTurboV EVOで設定値を決めてからの変更になります。
 インターフェースがGUIに変わってもそれほど使いかっての向上は感じませんでした。

  blog      MovableType