Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 静音化のためz767i自作PCのCPUファンを交換します。
 使用するモデルはNOCTUA NF-A15 PWMです。

■z767i自作
 ・第6世代のインテル ®Core™ i7-6700Kプロセッサーを搭載。
 ・DDR4 2400MHzメモリや32Gbps NVMe SSDなどの高速デバイス
 ・強化ガラスパネル採用のスモール22Lスタイリッシュケース
 ・AXP-200/14cmFAN CPUクーラー採用
z767i
 z767i自作PCシステムのページはこちら
 
■CPU/FAN
 Thermalright社AXP-200付属CPUファンはTY-14013BWです。
 アイドル時950rpmながら、低回転ファンへの交換でまだ静音化の余地ありです。
axp-200
TY-14013BW
  Size:140x150x13 mm
  Speed:700-1300rpm (PWM)
  Noise:21.7-30.6dBA max
  Flow:35.18-64.52 CFM
 AXP-200のページはこちら

■NF-A15 PWM
 今回使用するのはNOCTUA社のNF-A15/140mmファンです。
 厚さ/形状が異なりますが縦/横サイズやねじ位置はTY-14013BWとほぼ同じです。
 またOptionのLNA(Low Noise Adaptor)を使用すればさらに低回転での使用が可能です。
axp-200
NF-A15 PWM
  Size:140x150x25 mm
  Speed:900(LNA)/300-1200rpm (PWM)
  Noise:13.8(LNA)/19.2 dBA max
  Flow:52.2(LNA)/max67.98 CFM

 NF-A15 PWMのページはこちら

■組込み
 AXP-200に付属の4本のM3x28ネジを使ってファンを固定します。
 取り付けはエアーフローがダウンフローとなる方向にします。
 今回はLNAケーブルは使用しません。

■実測回転数/温度
 室温18.5℃におけるアイドル状態でのHWMonitorによる回転数と温度上昇です。
HWMonitor

■回転数/騒音
 今回の環境におけるアイドル時の動作状況の比較です。
 なお騒音は仕様をベースにした推定値です。
rpm/dB

■結果
 CPUファンをNF-A15 PWMに交換して問題なく動作中です。
 ファン回転数は950から275rpmへ、騒音も推定22.3から12.4dBへと低減です。
 温度上昇は大差なく、回転数が低い分高負荷でも余裕ありと思われます。
 今回の環境では回転数に差が出ないのでLNAは接続していません。

  blog      MovableType