Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 PCIeSSDノートPCに触手が動きます。
 いくつかのモデルをピックアップしてみました。

■Chromebook
 個人的に以下の目的で利用中です。
 ・インタネット接続..ただしiPhone6で大半の用はクリアできます。
 ・Webページの作成/編集/アップロード ..Bluegriffon/Filezilla

 ノートPCからChromebookに換えて1年足らずですが、なんといっても軽快でシンプルが取り柄です。
 Webページの編集/アップロードもUbuntuにchrootして問題なくPCと同じアプリを使って実行できます。
 ただUbuntuの何気ない設定の失敗でchrootエラーとなるのに悩まされています。
 正しく動いていたchrootのリストアもうまくいかなくなりChromebookと決別します。

■ノートPC
 Win10とSSDの構成で起動時間は大幅に改善されました。
 またM.2/PCIe2.0 x4 SSD接続で片チャンネル実効1.5GB/s転送速度はこれまでの常識を超えます。
 当然Windowsアプリが利用できるのでデスクトップPCの延長上でモバイル利用ができます。
 Windowsタブレットはタッチパネルとマウス/キーボードの併用が以外にも使い難いので選択肢にありません。
 タッチパネルのiPhone6とマウス/キーボードのノートPCの使い分けが個人的にはベストです。
 またChromebookでは荷の重い処理も余裕でクリアします。
 ・写真/映像の編集..主にカット編集
 ・TV録画Tsファイルの再生

■PCIe/SSDモデル
 z767自作デスクトップPCでのファイルコピーで2GB/sの速度を見せつけられて唖然です。
 以外にもノートPCでの普及が先に進んでいてPCIe SSD前提でいくつかのモデルをピックアップします。
 以下のリスト以外でもVaio、FMV、Mouse Computerなどのモデルもありです。
         
dell
x1
nec
  list
 Dell XPS13のページはこちら
 Thinkpad X1 Carbon 2015のページはこちら
 NEC HZ zeroのページはこちら

■PCIe SSD
 PCIe SSDのインターフェースは明記されていませんがレビューなどで見えている仕様は以下です。
 ノートPCではPCIe3.0 x4までの進化はないように見えます。
 Dell/XPS13 不明
 X1/Carbon(第3世代) Samsung SM951 512GB M.2 2280 SSD (SATAIII + PCIe 2.0 4x)
 NEC/HZ zero 不明

■結果
 個人的にはPCIe SSDの性能と使い慣れたThinkpadからX1 Carbon 2015モデルが推奨です。
 最後に米沢モデルMemory/8GB、PCIe/512GB/SSD BTOモデルの36%割引の誘惑に負けました。
 コストを考慮してFHD Displayを選択したのが心残りです。

  blog      MovableType