Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 ChromebookにUbuntu/Xfceをインストールしました。
 また必要なアプリをインストールします。

■BlueGriffon
 Windows、Mac、UbuntuなどのOS対応のWebオーサリングツールです。
 Getdebパッケージをダウンロード/インストールします。
 get-debパッケージはこちら
 BlueGriffonをインストールすると[開発]アプリケーションメニューにアイコンが追加されます。
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install bluegriffon
bluegriffon
■Filezilla
 FilezillaはオープンソースFTPクライアントソフトウェアです。
 ソフトウェアセンターからインストールします。
Gimp
■GIMP
 GNU Image Manipulation ProgramでPhotoshopと同等機能のオープンソース画像編集ソフトウェアです。
 ソフトウェアセンターからのインストールです。
Gimp
■Chrome
 XfceのデスクトップではChromeがインストールされていません。
 Google ChromeのサイトからUbuntu用のChromeをダウンロード/インストールします。
chrome 
 Chromeのダウンロードページはこちら

■GoogleDrive
 ChromeでGoogleDribeにアクセスしてショートカットカットアイコンを登録します。
 [メニュー][その他のツール][アプリケーションのショートカットを作成]
google drive
■スクリーンショット
 デフォルトでインストール済ですが使いやすいようにパネルにアイコンを追加します。
 [上パネル選択/右クリック][新しいアイテムの追加][スクリーンショット][追加]で右上にアイコンが追加されます。
 [アイコン選択/右クリック][プロパティ]で設定画面を開き、キャプチャ範囲やディレイ時間などを設定できます。
scrweenshot
■結果
 ChromebookにWebオーサリングツールのBlueGriffon/Filezilla/Gimpのインストールが終わりました。
 これでWindowsデスクトップと同じ環境でChromebookでのWebページ作成が可能です。
 またChromeとGoogleDriveのインストールによりGoogleDrive経由でのPCとのデータ交換も可能です。
 実際使用してみるとUSBメモリでのデータ交換よりシンプルかつ高速で時間短縮です。
 Gimpの起動でも待たされることもなくChrombookの性能は高性能PCに引けを取らないと感じます。

  blog      MovableType