Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 XPの回復コンソールはWindows8では回復に名前を変えました。
 回復に使用するブート起動対応回復ドライブをUSBに作成します。

■回復ドライブの作成
 起動不能になったWin8PCを初期化やトラブルシューティングで回復を図るためUSBメモリーに回復ドライブを作成します。
 回復ドライブの作成は[コントロールパネル][回復][回復ドライブの作成]でウィザードを起動し画面の指示で作成します。
 PCにすでに回復パーティションが作成されている場合はパーティションからコピーされます。
 回復パーティションがない場合でも指定のUSBドライブに回復ドライブを作成できます。
drive
 以下は作成された回復ドライブの内容です。
drive
■回復ドライブの起動
 回復ドライブUSBをブート起動し画面の指示に従って日本語レイアウトのキーボードを指定します。
 [オプションの選択]画面で[トラブルシューティイング]を選択すると[トラブルシューティング]画面が表示されます。
 コマンドラインを使用する場合は[詳細オプション]を選択します。
trouble shooting
■bootrec.exeツール
 MBRやBOOTセクターの修復を行うのにコマンドプロンプトで使用します。
 bootrecには以下のオプションを使用できます。
 /FixMbr        MBRを書き込みます
 /FixBoot        システムパーティションのブートセクターを書き込みます
 /ScanOS        すべてのディスクをスキャンしBoot Configuration Data(BCD)ストアにないエントリーを表示します。
 /RebuildBcd    すべてのディスクをスキャンしBCDストアにないエントリーを追加/再構築できます。

■結果
 Win8用にブート起動可能なUSB回復ディスクを作成しました。
 システムイメージバックアップのないPCが起動不能のケースで有効です。

  blog      MovableType