Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 LinuxカーネルUpdateで増加するブートメニューのタイトルを古いものから削除します。
 削除にはyum-utilsを使用します。

■ブートメニュー
 以下はWin7とFedora16のデュアルブートのメニューサンプルです。
 カーネルが頻繁にアップデータされるとカーネルのエントリーが増加してきます。
 boot menu
■yum-utils
  Fedoraパッケージ管理用のユーティリティです。
 インストールは以下です。
 # yum install yum-utils
 古いカーネルの削除にはyum-utilsのpackage-cleanupコマンドを使用します。
 # package-cleanup --oldkernels
 読み込んだプラグイン:langpacks, presto, refresh-packagekit
 --> トランザクションの確認を実行しています。
 ---> パッケージ kernel.x86_64 0:3.1.0-7.fc16 は 削除 です
 ---> パッケージ kernel-devel.x86_64 0:3.1.0-7.fc16 は 削除 です
 --> 依存性解決を終了しました。
 依存性を解決しました
  ================================================================================
  Package             アーキテクチャ
                                     バージョン          リポジトリー        容量
  ================================================================================
 削除中:
   kernel              x86_64        3.1.0-7.fc16        @anaconda-0        111 M
  kernel-devel        x86_64        3.1.0-7.fc16        @anaconda-0         27 M

 トランザクションの要約
  ================================================================================
 削除  2 パッケージ
 インストール済み容量: 137 M
 これでいいですか? [y/N]y
 パッケージをダウンロードしています:
 トランザクションのチェックを実行してします。
 トランザクションのテストを実行しています
 トランザクションのテストを成功しました
 トランザクションを実行しています
   削除 中                  : kernel-3.1.0-7.fc16.x86_64                      1/2
   削除 中                  : kernel-devel-3.1.0-7.fc16.x86_64                2/2
   検証 中                  : kernel-devel-3.1.0-7.fc16.x86_64                1/2
   検証 中                  : kernel-3.1.0-7.fc16.x86_64                      2/2
 削除しました:
   kernel.x86_64 0:3.1.0-7.fc16        kernel-devel.x86_64 0:3.1.0-7.fc16      
 完了しました!
 buttomyum- utilsのマニュアルページはこちら

■結果
 yum-utilsにより古いカーネルのエントリーの削除が可能になりました。

  blog      MovableType