Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 音声ファイルをPC/CDプレイやで再生できるCD-DA(音楽CD)フォーマットでCDに焼きます。
 使用するのはWindows Media Player12です。

■CD-DA(音楽CD)フォーマット
 Compact Disk Digital Audioの略で一般的な音楽CDの規格です。
項目 仕様 備考
メディア Compact Disk
読込速度 1.2 Mbps
データ形式 リニアPCM /16bit /44.1kHz /2ch
書き込み
最大80分 wma /mp3 /wav
■Windows Media Player12
 Windows7に標準装備のプレイヤで、wma/mp3/wavの音楽ファイルをcda変換し音楽CDを作成できます。
(1)準備
 [ライブラリ]画面を開き[書き込みタグ]画面で[CDの挿入]と、書き込みリストへの[音楽ファイルのドラッグ]を実行します。
 今回使用するメディアはCD-Rで、書きこむファイルはwavです。
 準備
 
(2)[設定ボタン]で[オーディオCD=on]を確認し、[書き込みの開始]でCDへの書き込みを開始します。
 wmp12
 終了で音楽CDの作成完了です。

■結果
 Win7標準装備のWMP12で音楽CDを簡単に作成できました。
 書き込んだファイルは今回1個のみですが複数のファイルの同時書き込みが可能です。
 WMP12でCDに書き込めるファイルはwav/wma/mp3になります。
 必要なら音声ファイルの不要部分をAudacityなどの編集ソフトでカットします。

  blog      MovableType