Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 元来HDD上で実行のアプリをUSBメモリで実行すると。
 そこでUSBメモリに代えてポータブルSSDを制作します。

■ポータブルSSD
 市販モデルも存在しますが中身が未公開なので最新/最速のケース/SSDでポータブルSSDを構成します。
 ケースはUSB3.0対応をSSDは低価格/高速の60GB/6Gbpsタイプを使用します。
区分 モデル 仕様
ケース Owltech
OWL-ESL25 /U3(B)
詳細はこちら
USB3.0 /SATA2 max3000 Mbps
USB2.0 /SATA2 max480 Mbps
SSD
ADATA
S511S3 -60GM-C
60GB
詳細はこちら
SATA3 max6000 bps
SATA2 max3000bps
max 550MB/s Read
max 510MB/s Write
消費電力 3W
■ベンチマーク
 最も利用シーンの多いUSB2.0接続でのCrystalDiskMarkでのベンチマークです。
 比較として2.5"HDDなどのデータも示します。

 ・SSD /6Gbps
  OWL-ESL25 /U3(B) +SSD (S511S3 -60GM-C)

・2.5" HDD /SATA2
 OWL-ESL25 /U3(B) +2.5"HDD (Fujitu MHV2120BH)
 

■アプリ起動時間
 USB2.0接続でのポータブルアプリの起動時間です。
 いずれもPC起動後最初の測定値です。
 
 参考:テスト環境
  OS:Win7/64bit
  CPU:Quad Core Q9450
  Memory:4GB
  USB:USB2.0(480Mbps)

■結果
 USB3.0対応2.5"HDDケースに6Gbps/SSDを入れてポータブルアプリを使用します。
 総合的にUSB3.0接続で300MB/s、USB2.0接続で40MB/sの最大速度が期待できます。
 使用頻度の多いUSB2.0の環境でもSSDだとアプリ起動時間などストレスは感じません。

  blog      MovableType