Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 SandyBridge CPUのThinkpad x220上でFedora15を動かしてみます。

■Thinkpad x220
 第2世代intel core i3/5/7 CPU搭載の最新ノートPCです。
項目 x220 4286CTO X60 ..これまで使用
OS Windows7 Home Premium 64bit Windows XP (Vista) Pro 32bit
CPU Core i5-2540 2.6/3.3 GHz 3MB L3 1333 MHz Core2 Duo T7200 2GHz
Chipset Intel QM67 Express Intel 945GM
Memory 6GB /PC3 -10600 DDR3 SDRAM 1GB /PC2 -5300 DDR2 SDRAM
Display 12.5" 液晶 WXGA /1366x768 LED バックライト 12.1" 液晶 XGA /1024x768
HDD 2.5" /7mm /320GB /7200rpm /SATA2
* interfaceはSATA3サポート
2.5" /9.5mm /120GB /5200rpm /SATA2
Wire less Lan Centrino Advanced-N +WiMax6250 IEEE802 .11a/b/g
Size W305 xD206 xH19-26 mm W268 xD211 xH20-30 mm
Weight 1.46 kg 1.44 kg
  X220のサイトはこちら
  X220の仕様はこちら

■Fedora15
 Fedoraの最新版です。
 SandayBridgeの内蔵Graphic/SATA3.0/SSD/WXGAディスプレなど対応状況がポイントです。
 なおカーネルなどのverは以下になります。
  kernel: 2.6.38 GNOME: 3
  Apache: 2.2.17 MySQL: 5.5.10 Perl: 5.12.3 PHP: 5.3.6 vsftp: 2.3.4
 
  Fedoraのサイトはこちら

■HDD
 X220の標準構成ではFedoraをインストールできる空き領域は存在しません。
 
 今回はWin7とデュアルブート構成にするのでCドライブをサイズ縮小し空き領域(31GB)を確保します。
 サイズの縮小には今回Paragon SoftwareのHard Disk Manager8.5を使用しました。
 
 * Dドライブ(191GB)はWin7のデータパーティションです。

■インストール
 i386/32bit版ISOファイルをダウンロードしてDVDからインストールします。
 以下はインストール時の指定事項です。
項目 内容 備考
起動 X60 電源オンでDVDよりインストール 事前に CD/DVD ブートを可能にしておきます
メディアテスト インストール DVD をチェック
言語選択 Japanese を選択 インストール画面の言語を指定
キーボード 106日本語 キーボードを選択 ノートでも 106日本語 キーボードで OK
パーティション 空き領域にレイアウト作成
ネットワーク ホスト名/IPアドレスなどを設定
タイムゾーン アジア/東京を選択
root パスワード パスワードを設定
パッケージ インストールのパッケージを選択 FTP /Web /SSHなどを選択
ユーザアカウント root 以外のユーザを追加
日付と時刻 日付/時刻 /タイムサーバーを設定
ハードウェア情報 ハードウェア情報送信可否を指定
完了 ログイン画面に移行
■Gnome3
 Gnome3のアクティビティ画面とGnome Tweak Toolでカスタマイズしたメイン画面です。

■Gnome Tweak Tool
 Gnome3はデスクトップのカスタマイズ機能を標準でサポートしません。
 デスクトップをカスタマイズするにはGnome Tweak Toolをインストールします。
 # yum install gnome-tweak-tool
 ツールの起動は[アクティビティ][アプリケーション][アクセサリ][高度な設定のカスタマイズ]です。
 [File Manager][Have file manager handle the desktop=on]でアイコンの追加が可能になります。
 

■ランチャの作成
 例えばThunderbird5をインストールした場合は起動用のショートカットアイコンを作成します。
 * インストール先:/user/lib/thunderbird/thunderbird
 [右クリック][ランチャーの生成]で作成画面を開いてThunderbirdのアイコンを追加します。
 [コマンド=/user/lib/thunderbird/thunderbird]に設定します。
 Desktop画面にアイコンが追加されます。

■Shut Down
 [Ctrl]+[Alt]+[サスペンド]で電源OFFになる点で注意が必要です。

■関連記事
  「Intel Sandy Bridge On Fedora 15 Is Decent」..phoronix

■結果
 Fedora15のx220へのインストールは問題なく完了しました。
 最新のSandyBridge搭載のX220でFedora15は特に問題なく動くようです。
 X220はSATA3.0をサポートしますが今回は性能未確認です。
 X60で確認の結果Fedora15はSSDをサポートの模様です。
 Fedora15インストールによるHDDの使用容量は4.5GBで20数GBのWin7比較で圧倒的にすくないです。
 Gnome3デスクトップのカスタマイズにはGnome Tweak Toolを使用します。

  blog      MovableType