Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Excelで作成した連絡先リストの郵便番号を新しく更新します。
 使用するのはExcel 2007の郵便番号変換アドインです。

■住所/郵便番号変換
 Excelには住所と郵便番号を相互に変換する郵便番号アドインの機能を備えます。
 手順は以下のとおりです。
 (1)アドインのダウンロードとインストール
 (2)アドインの有効化
 (3)郵便番号辞書のダウンロード
 (4)住所/郵便番号変換
  Microsoft「住所から郵便番号、または郵便番号から住所を入力する」のページはこちら

■アドインのダウンロードとインストール..Wxcel 2007
 郵便番号変換ウィザードの2007zipcode7.xlaファイルをダウンロードします。
 ダウンロードしたファイルを%Program Files%\Microsoft Office\Office12\Libraryにコピーします。

■アドインの有効化
 Excel 2007を起動します。
 [Officeボタン][EXCELのオプション]でExcelオプション画面を開きます。
 [アドイン][管理=EXCELアドイン][設定]で[郵便番号変換ウィザード=on]とします。
 
  Microsoft「郵便番号変換ウィザード (Excel Zipcode 7 Japan)」のページはこちら

■郵便番号辞書のダウンロード
 zd201005.exeをダウンロード/インストールします。
 64bitOSの場合は以下の表によります。
OS Office 郵便番号辞書
64bit Office 2010 zd201005 _Office64bit .EXE
64bit Office 2007 /2003 /2002 /2000 zd201005 .exe
  郵便番号辞書のダウンロードはこちら

■郵便番号変換
 住所と郵便番号を相互変換は以下によります。
 [アドイン][ウィザード]のあと変換元のデータを選択し[郵便番号変換]をクリックします。
 以下3のステップで画面の指示に従って要件を指定し変換します。
 エラーや警告メッセージをコメントに出力したらあとでコメントは削除しておきます。
 
 
 以上で住所/郵便番号変換が完了です。

■結果
 Excel 2007で住所と郵便番号の相互変換を終了しました。
 古い住所録などの更新には便利です。

  blog      MovableType