Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 成績一覧表から個人別のデータを取り出します。
 使用するのはVLOOKUP関数です。

■個人表サンプル
 クラス全体の成績表から個人成績表を抽出します。
 

■準備:名前定義
 氏名#の列と成績表に名前をつけます。
   
 結果は[数式][名前の管理]で確認/編集などができます。
 
■氏名番号の入力
 リストを使って氏名番号を入力します。
 [データ][データの入力規則]で[種類:リスト][元の値=番号]を指定します。
 結果としてドロップダウンリストからの入力が可能になります。
 

■VLOOKUP:成績データの抽出
 氏名#をキーに個人成績を表示します。
 氏名#未入力の時#N/A!エラー回避のためIF文を追加します。
 IF($B$2="","",VLOOKUP($B$2,成績,3,FALSE))
 
■結果
 氏名#をキーに成績一覧表から個人表を作成できました。
 使用する関数はVLOOKUPです。

  blog      MovableType