Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 多数のID/パスワードを使っています。
 フリーのKeePassでパスワード一覧を暗号化し安全に管理します。
 Officeの暗号化機能を使えないときなどに利用します。

■KeePass
 なるべく少ないID/パスワードを使用したいのですが現実は多数使わざるを得ません。
 ID/パスワードを暗号化ソフトKeePassで管理します。
 KeePassの特徴は以下のとおりです。
項目 内容 備考
セキュリティ パスワードデータベースを暗号化 AES /リジェンダールアルゴリズム
キーファイル マスターキーに代わってキーファイルを使用可 キーファイルはUSBなどに保存
ポータブル インストール不要のポータブルタイプあり
エクスポート TXT /HTML /XML /CSVにエクスポート可能 Plug-inサポート
インポート 35種のインポートフォーマットをサポート Plug-inサポート
データベース 1つのデータベースファイルを使用 移動が簡単
グループ パスワードグループでの分類が可能
時間管理 有効期限などの管理が可能
クリップボード ダブルクリップでクリップボードにコピー クリップボードは一定時間経過後自動消去
検索/ソート データベースの検索/ソートをサポート
パスワード生成 自動パスワード生成サポート
オープンソース オープンソースソフトウェア


  KeePassのサイトはこちら
  記事:「KeePassツールでパスワードを安全・確実に管理する」はこちら

■インストール
 KeePassのサイトからダウンロード/インストールします。
 日本語ファイルをダウンロード/解凍しインストール先フォルダーにコピーします。
 [表示][言語の切り替え][Japanese選択][再起動]で日本語表示になります。

■マスターパスワード
 マスターパスワードを設定/入力するとログインが可能になります。
 安全性向上のためマスターキーワードはUSBなどの別媒体のキーファイルからも入力が可能です。
 パスワードデータベースは暗号化して保存されます。
 
■クループ/エントリ
 個々のID/パスワードはグループ毎にエントリーとして入力します。
 6個のデフォルトグループは変更追加が可能です。

■結果
 暗号化されたデータベースでID/パスワードの一括管理が可能になりました。
 グループ化により分類/管理が可能で使いかっても悪くありません。
 日本語をサポートします。

  blog      MovableType