Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 TMPGEnc4 Express後継のVideo Mastering Works5の試用メモです。
 iPhone4用のH.264変換速度が着目点です。

■TMPGEnc Video Mastering Works5
 2006年発売の「TMPGEnc 4.0 Xpress」の後継製品です。
 「TMPGEnc 4.0 Xpress」はitsのH.264変換に使用中でしたがPowerDirector9に乗り換えました。
 Video Mastering Works5ではH.264変換の処理時間に注目です。
 主な機能強化は以下です
区分 名称 備考
入力 MKVコンテナファイルの入力に対応
H.264 /FLVファイル入力にネイティブ対応
Dolby Digital Plus音声の入力に対応
HDV/DVカメラからのキャプチャ機能搭載
MPEG-2TSファイル解析機能
Blu-ray /AVCHDファイルからの映像読込対応
MPEG-2TSファイル解析機能:
 マルチストリームファイルを識別
編集 タイムラインでのレイヤー編集に対応
クリップ間トランジション機能を搭載
高速レンダラー Intuitive Draw Technology 搭載
 
出力 H.264 エンコーダーに x264 を採用
CUDAによるH.264エンコードに対応
MKVコンテナファイル出力に対応
 

 
  TMPGEnc Video Mastering Works 5のサイトはこちら

■H.264変換
(1)変換仕様
 以下のとおりコーデック変換を行います。
  MPEG2-ts -> H.264AVC/AAC
  1920x1080 -> 1280x720
(2)入力画面
 MPEG2-tsファイルをドロップダウンします。
 
(3)出力指定画面
 H.264/AAC/1280x720を指定します。
 
■H.264変換時間とCPU使用率
(1)変換環境
 環境及び入力/出力画像情報などです。
項目 内容 備考
環境 OS: Win7 /64bit
CPU: Core2 Quad Q9450 2.66 GHz
Memory: PC6400 DDR2-800 4GB
3GHz Over Clock
入力 映像: mpeg2 1440 x1080 24Mbps 30fps
音声: mpeg2 aac 48kHz 2ch
mpeg2 -ts
再生時間: 606秒 
出力 映像: mpeg4 avc 1280 x720 9-10Mbps 30fps
音声:mpeg4 aac 2ch 256 kbps
mpeg-4 avc /H.264

(2)変換時間とCPU使用率
 比較のため旧製品TMPGEnc4ExpressとPowerDirector9のデータも表示します。 
 またPowerDirector9はHD4670のGPGPU変換時間も含めます。
 
 
■結果
 H.264変換時間に関してはMW5での進展はみられません。
 PowerDirector9+HD4670のGPGPUのH.264変換時間が最小です。
 CPU使用率もPowerDirector9+HD4670のGPGPUが最小です。
 結果的にH.264変換にはPowerDirector9を使用することになります。

  blog      MovableType