Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Q945自作ディスクトップPCのディスプレイをナナオSX2462Wに変更します。
 個人的に目線が画面に近いので、見る位置で色合いが変わる問題対応と疲労軽減で期待できます。

■FlexScan SX2462W
 ナナオの色再現性に優れたグラフィック用24.1型ワイド(1920x1200 WUXGA)ディスプレイです。

  FlexScan SX2462Wのページはこちら
  FlexScan SX2462Wのレビュー記事はこちら

■特徴
項目 特徴 備考
サイズ 24.1 インチ大型ワイド画面
(A4 見開き 2ページ +表示)
WUXGA (1920 x1200)
入力 Display Portを含む3系統入力 Display Port x1
DVI-I x2
Adobe RGB
カバー率
広色領域 98%
表示むら補正 デジタルユニフォミティ補正回路搭載 IPS 液晶パネル採用
内部演算 16bit 内部演算処理
12bit ガンマ補正
 
動画表示 オーバードライブ回路で高応答速度実現  
自動機能 自動調光機能 (輝度センサー搭載)
温度センシング機能 (温度センサー搭載)
オート EcoView
 
使い勝手 ボタンガイド
ファインコントラスト機能
アスペクト比固定モード搭載
EasyPixカラーマッチングツール対応
 
■仕様
 SX2462Wの概略仕様です。
項目 仕様 備考
サイズ 61cm (24.1 インチ)/WUXGA 1920 x1200  
液晶パネル IPS オーバードライブ回路搭載
視野角 178° /178°  
輝度 270cd /平方m  
コントラスト 850:1  
応答速度 13ms  
画素ピッチ 0.27mm x0.27mm  
最大表示色 Display Port: 10bit
DVI: 8Bit
 
ドットクロック デジタル: 164.5 MHz
アナログ:170MHz
 
走査周波数
(水平 /垂直)
デジタル: 31-76KHz /59-61Hz
アナログ: 31-76KHz /59-86Hz
 
入力端子 Display Port x1
DVI-I x2
Sound: なし
USB2.0 x1
HDCP 対応
HDCP 対応

USB2.0 出力 x2
入力電源 AC 100-120 /200-240V 50/60 Hz  
消費電力 最大: 95W 標準: 48W 待機時: 0.9W
質量 10.7kg  

[寸法図]

■接続環境
項目 内容 備考
OS Windows 7/64 bit  
Graphic Radion HD4550 PCIe2.0 x16 512MB メモリ
■インストール
 単純に接続してPCを起動するだけで解像度1920x1200にセットされます。
 デバイスマネージャでSX2462Wを表示するにはDriverソフトの最新版をネットで自動検索します。
 必要ならScreenManager Pro for LCDなどのソフトウェアをインストールします。

■カラー調整
 カラー調整は本体のOSDまたはScreenManager Pro for LCDで可能です。
 デフォルトで違和感なしですが、Regza ZV500の映像ベースでブライトネス/ゲインの調整を実施しました。
 
■結果
 三菱RDT231WMに替えての導入ですが映像のイメージが一新した感じです。
 製品の性能/品質が直接画質に反映されるとはいえ、深みがありしっとり感の色表示には満足です。
 目線が画面に近くても見る方向で色合いの変わるようなこともありません。
 今回FlexScan L675(18.1インチSXGA)->三菱RDT231WM(23インチFull HD)を経てナナオに戻りました。

  blog      MovableType