Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Bフレッツ接続で東京-大阪間ダウンロード速度はWinXPで30Mbpsほどが理論値のようです。
 100Mbpsの転送速度を生かすにはRWin値をチューニングします。

■RWin
 TCP/IPではRwinで指定された受信データ単位で受信確認応答を行います。
 RWin値が小さすぎると確認応答時間が増大し、転送速度を低下させます。
 特に遠距離の応答確認では低下が大きくなります。
 一方大きいRwin値は、転送エラー発生時の再送信データ増大を招き、転送速度を低下させます。
 結果として通信回線の速度、通信エラーの発生確率を考慮してRWin値を設定する必要があります。
  最大転送速度(kbps)= 8 RWin /RTT
  RTT: ping往復遅延時間(ms)
RWin= 65535 (XPのデフォルト) RWin= 262140
東京 -大阪
RTT=15ms
最大 転送速度= 34,952 Kbps 最大 転送速度= 139,808 Kbps
■必要なRWin計算値
 RWin= 転送速度 (kbps) *RTT /8
東京 -大阪 RTT=15 ms 東京 -九州 RTT=25 ms
最大転送速度
=100000kbps
RWin= 187.5 Kbps RWin= 312.5 Kbps
*RWin値は65535の倍数での設定になるので65535 /131070 /262140のなかから262140を選択します。

■RWinの変更
(1)FletsSquereのサイトからチューニング用のファイルをダウンロードします。
  チューニングファイルのダウンロード先はこちら
  *事前にFletsSquereへのネットワーク接続を可能にしておく必要があります。
 

(2)RWin設定
 対象のチューニングファイル(今回はRWIN_262140_XP.reg)を選択し[右クリック][結合][レジストリへの追加=yes]を実行。
 PC再起動で設定完了です。

(3)デフォルト値リカバリ
 デフォルト用RWin設定ファイルを結合します。

■実測
以下はRWin変更前と後の転送速度です。
  flets squere (東京: エリア内測定サイト) RBB
RWin
=65,535
(WinXP標準)
RWin
=262,140
■結果
 100MbpsのBフレッツだとRWin値を65535からの262140への変更で速度の大幅な向上が可能です。
 真鶴-東京間でダウンロードの実測値は58Mbpsから88Mbpsに向上しました。
 RWinは受信の転送速度を改善するものでアップロードには関連しません。

  blog      MovableType