Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 グラフィックボードSapphire HD3870 ULTIMATEの3DMark06のスコアです。
 予想より20%近く高い結果です。

■Sapphire HD3870 ULTIMATE
 ATI RadeonのハイエンドGPU HD3870搭載のファンレスグラフィックボードです。
  GPU: ATI Radeon HD3870
  Interface: PCIe x16
Sapphire HD3870 ULTIMATEの詳細はこちら

■Q945PC..自作
 PCの概要です。
  CPU:Intel Core2Quad Q9450 3.0GHz/OC
  Mother: GigaByte GA-G33M-DS2R
  Case:Antec MiniP180
  Power:Antec Neo650
  Q945PCの仕様詳細はこちら
 
■ソフトウェア..Windows XP
 Driverを含むソフトウェアとVerです。
ソフト Package REV
Catalist Software Suite
(35.9MB)
Display Driver
Catalyst Control Center (CCC)
WDM Driver
8.7
2008/7/21
Avivo Package
(4.1MB)
Encoder
Parental Control
Visual C++ Patch
Avivo Video Converter
8.7
2008/7/21
*1 Catalyst Software PackageのCCCはインストールしてありません。

■3DMark06スコア
 以下は概要です。
 
  3DMark06スコアの詳細はこちら

■GPU温度測定
 GPU温度をATIToolで測定します。
 室温は不明..外気温33℃/エアコン設定温度24℃。
1)通常(アイドル)..45-46℃  2) 3DMark06実行..最大74℃
■3DMark06比較
 ネット上の比較で、今回の自作PCのスコアは以外にも20%近い高い値です。
 
■結果
 今回の3DMarkスコアは標準HD3870より20%近く高く、数値だけなら最新Radeon HD4850に近いです。
 GPUは標準なので、CPUオーバクロック(+12%)によるPCIeバスの高クロック化とPCメモリ3.4GBの効果か?。
 GPU温度は平時が45-46℃、3DMark実行時が最大74℃で、平均的な値と思われます。

  blog      MovableType