Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Thinkpad X60のマシンはWinXPとLinuxのデュアルブート環境で使用中です。
 WinXP/Dドライブ(ntfs)をLinuxで共有きればWinXPで記録したTV録画や音楽データ利用できます。

■環境条件
 PC:Thinkpad X60
 OS:WinXP+Fedora7
 ntfsパーティション:WinXP/Dドライブ

■ntfsパーティション
 ディスク内のパーティションの中でどれがWinXPのntfsかをsfdiskコマンドで確認します。
 以下の結果からWinXPのCドライブが/dev/sda1、Dドライブは/dev/sda3であることがわかります。
 # sfdisk -l
 ディスク /dev/sda: シリンダ数 14593、ヘッド数 255、63 セクタ/トラック
 ユニット = 8225280 バイトのシリンダ、1024 バイトのブロック、0 から数えます
 Device   Boot  Start     End   #cyls      #blocks   Id  System
 /dev/sda1  *     0+   2088-   2089-   16775608+   7  HPFS/NTFS
     終点: (c,h,s) 期待値 (1023,254,63) (1023,239,63) を発見
 /dev/sda2    2089    2100      12      96390   83  Linux
 /dev/sda3     5221+  14592-  9372-    75274920    7  HPFS/NTFS
     開始: (c,h,s) 期待値 (1023,254,63) (1023,0,1) を発見
     終点: (c,h,s) 期待値 (1023,254,63) (1023,239,63) を発見
 /dev/sda4     2101    5220   3120    25061400   5  拡張領域
 /dev/sda5     2101+    5220   3120-   25061368+ 8e  Linux LVM
■ntfs-3gによるマウント
 ntfs-3gを利用しntfsをマウントしますが、fedora7ではデフォルトでインストール済みです。
 マウントポイント/mnt/winを作成して/etc/fstabに以下を追加すると次回起動以降アクセスが可能になります。
 /dev/sda3 /mnt/win ntfs-3g locale=ja_JP.UTF-8 0 0
以下はWinXPのDドライブにアクセスの結果です。
 
■結果
 /etc/fstabに1行追加するだけでntfsパーティションへのアクセスが可能になりました。

  blog      MovableType