Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 進化を続けるRedhatディストリビューションの開発リリース版Fedora Core5を最新バージョン6にアップデートします。

■インストール環境
 PC:IBM ThinkPad X24
 CPU:PentiumⅢ 1.13GHzM /Memory:128MB+256MB(拡張メモリ)
 HDD空容量:8GB
 DVD:IO Data DVRP-UN8AS(NEC)..市販ポータブルDVDドライブ

■ダウンロードDVDの作成
(1)Mirrorサイトである理研のサイトよりFC-6-i386-DVD.isoファイルをダウンロードします..3.4GB/約1時間(ADSL)
  Fedora Core6のミラーサイトはこちら
 

(2)DVDの作成
 ダウンロードしたファイルをDVD-Rに焼きブートディスクを作成します。
  ISOイメージからDVDディスクの作成方法はこちらを参照ください。CDもDVDも作成方法は同じです。
 
■アップデートインストール
  FedraCore6インストールガイドはこちら
 (1)X24起動時にF12でブートデバイスリストを表示しRemovable Devicesを選択するとインストールの初期画面が表示されます。
  Enterでインストール開始です。
 
 (2)インストール時の設定...英文Text画面
  Language:Japanese
  KeyboardType:jp106
  InstallationMethod:Local CD-ROM
  SelectDriver:USB Mass Storage driver for Linux
  MediaTest:YesまたはSkip
 (3)インストーラの設定とインストール..GUI画面
  既存インストールのアップグレード=on
  ext2->ext3 Migrate? /=on    /boot=on
  ブートローダ設定の更新=on
  "インストール対象パッケージの依存関係をチェック中"を表示...20分ほど。
  "インストールイメージをハードドライブに転送中"...2分ほど。
  "インストールプロセスを開始しています"...3分ほど
  "インストールソースからのトランザクションを準備中"...2分ほど
  インストール実行...130分ほど

■結果
 ダウンロードを含めてトータル4.5時間程の長時間をアップグレードに要しました...長いです。
 要因としてはDVD作成までの1.5Hr+PC側USB1.1の12MbpsでのDVD転送時間1hrです。
 従来の100MbpsLANでのFTPインストールだと1Hrほど短縮可能と思われます。

  blog      MovableType