Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 自宅設置Webサーバに自宅でiPhoneからWi-Fiでアクセスできるようにします。
   
■自宅設置Webサーバ
 GlobalネットワークからはDDNS経由でアクセスします。
 Privateネットワークからのアクセスではhostsファイルを編集して名前解決します。
 iPhoneだとhosts編集には脱獄や開発ツールが必要になり手間です。
 今回は各デバイスのhosts編集に替えてProxy Serverのhostsを利用します。

■Proxy
 Apache利用のWebサーバをProxy Server兼用にします。
 CentOSなら/etc/httpd/conf/httpd.confを編集するだけでサーバーが有効になります。
 以下はサンプルです。
 なお、Webサーバの/etc/hostsファイルはあらかじめ編集しておきます。
# Proxy Server directives. Uncomment the following lines to
# enable the proxy server:
<IfModule mod_proxy.c>
ProxyRequests On
<Proxy *>
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 192.168.x <-アクセス制限 (x=0~255)
</Proxy>
ProxyVia On
</IfModule>
# End of proxy directives.
httpdサービスを再起動するとProxyサーバーが有効になります。
# service httpd restart
■iPhone
 接続しているWi-FiをProxy経由にします。
 これでiPhoneはProxy Serverのhostsで名前解決してWeb Serverにアクセスできます。
[設定] [Wi-Fi] [接続AP/i マーク] [httpプロキシ /手動]
[サーバ= Proxy ServerのIP] [ポート= 80]
■結果
 Proxyにより、同じNetwork内のWebサーバへiPhoneからWi-Fiアクセス可になりました。
 最近サイトのResponsive化の検証で増加のモバイル回線利用が不要になりました。
 今回の方法はiPhoneに限らずPCやタブレットなど全てのデバイスで利用可能です。

  blog      MovableType